ライフステージに合わせてリフォームをしよう!

>

老後のリフォーム

バリアフリーで安全に

老後のリフォームと聞いて、まず思い浮かぶのがバリアフリーではないでしょうか。
若いときには気にならなかった家の構造も、年を取って足腰が悪くなると危険な場合があります。

玄関や部屋の段差をなくしたり、水回りや階段に転倒防止の手すりを設置するリフォームがメジャーです。
屋外について、スロープを付けて車いすにも対応できるようにしたり、外と室内の高さを揃えることもあります。

また、高齢者は「ヒートショック」と呼ばれる症状が出ることがあります。
ヒートショックは急激な温度差によって心筋梗塞や脳梗塞、不整脈などが引き起こされる現象で、命に関わることも多いです。
ヒートショックを防ぐために、床暖房を取り付けたり、浴室暖房を導入するご家庭が増えているようです。

高齢者が生活しやすいようにする

老後のリフォームでは、まず安全に配慮することが大切です。
しかし、高齢者は安全面以外でも、生活に不便さを覚えることがあります。
快適にストレスなく生活するためにも、高齢者に向けた間取りや設備を導入するといいと思います。

洗面所やトイレの手洗い場について、腰をかがめないと手が洗えないようでは、身体に負担がかかってしまいます。
腰をかがめなくても手が洗える高さに変更すると、顔や手が洗いやすくなります。
また、キッチンについても、同じ理由で高さを変更するのがいいでしょう。

毎日必ず使う部屋や設備を玄関がある階に集約するリフォームも役に立ちます。
生活に必要な設備を固めたり、寝室を1階に変更する際に起き上がりやすいベッドを置くために和室を洋室に改装するリフォームがよく行われています。


この記事をシェアする