ライフステージに合わせてリフォームをしよう!

>

持ち家にリフォームは必須!

30代は長く住むためにリフォームをする

30代で家を持つ場合、これから何十年もその家で暮らすことになります。
これにより、30代の方は自分がその家に長く住むためのリフォームを行なうことが多いようです。

中古物件や相続した物件などの場合、まずは自分の好みに合わせた改築・改装を行なうことがほとんどです。
部屋の数を調整したり、キッチンの位置や種類を変更したりすることで、自分のライフスタイルに合った間取りにできます。

また、家の耐久性を上げたり、設備を最新にすることで長期的な節約を図ることがあります。
長期間住む場合は、一時的にリフォームにお金がかかったとしても、耐久性の向上で修繕費が抑えられる場合や、省エネな設備で水道光熱費が下がることで、結果的に得になるケースがあります。
若いほどメリットが高いリフォームと言えるでしょう。

子供の誕生によるリフォーム

30代になると、子供のことを考えると思います。
子供が生まれると荷物が増え、将来的には子供部屋が必要となります。
子供を望む夫婦や、子供が誕生したご家庭では、子供に合わせたリフォームがよく行われます。

子供の様子が分かるように風通しの良い間取りにしたり、キッチンを対面式にして家族団欒ができるようにすることがあるようです。
また、多くなった荷物に対応するために収納を追加したり、子供の成長や兄弟の誕生に伴って部屋を区切るリフォームも人気です。
子供部屋を区切った場合は、子供が独立した後に戻せるように、可動式収納やアコーディオンカーテンを用いることもあります。

夫婦では気にならないことも、子供がいると気を遣うことがあります。
洗面所と脱衣所の間に扉を付けることで、入浴中でも洗面所が使えるようになります。


この記事をシェアする