年齢ライフステージに合わせたリフォーム

ライフステージに合わせてリフォームをしよう!

持ち家にリフォームは必須!

一般的に、30代はマイホームを購入する時期であるため、リフォームを行なうイメージがあまり湧かないと思います。 しかし、実家の相続や中古物件を購入した場合に、自分たちの生活に合わせたリフォームを行なうことがあります。 また、子供が複数人できた場合や、荷物の増加に伴ってリフォームを行なうケースもあります。

親との同居や子供の独立に合わせたリフォーム

40代になると、親が仕事を定年退職するご家庭が多いと思います。 親と同居することを考えている場合は、それに合わせたリフォームを行なう必要があります。 また、50代から60代になると、子供が独立するご家庭が増え、子供部屋を別の用途に活用できるようになります。

老後のリフォーム

定年退職をする時期になると、自分たちの体力を考えたリフォームを行なう必要があります。 バリアフリーにして身体の負担を軽減したり、生活を楽にする設備に交換することで、老後も快適に生活しやすくなります。 60代以降のライフステージでよく行われるリフォームをまとめました。

30代がよく行うリフォーム

マイホームを購入するときは、注文住宅はもちろん、分譲物件でも今の自分が思い描ける範囲でライフスタイルに合った家を購入すると思います。
結婚して、子供が生まれて…誰しもが将来の生活に対応できるような家を検討することでしょう。

しかし、ライフステージが上がると、家を購入した時点の予想が外れることもあります。
賃貸ならその時の状況に合わせて住み替えを行なえばいいのですが、持ち家だとそうは行きません。
子供部屋が足りなくなったり、親と同居することになったり、収納が足りなくなったり、部屋が余ってしまったり…このような場合、よほどの豪邸でない限りはリフォームが必要になります。
また、新築物件を購入するときだけでなく、中古物件を買ったり、親から家を相続した場合は、さらにリフォームが必要になりやすいようです。

持ち家にリフォームは欠かせません。
何年か置きに修繕を行なうことはもちろん、自分たちが豊かに暮らせるように間取りや設備を変えていくのが望ましいです。
毎日暮らす家をよりよくすれば、生活の質がぐっと向上します。
家族で幸せに暮らすためにも、生活環境に投資したいものです。

とはいえ、リフォームにはお金がかかります。
自分たちに必要なリフォームは何かよく考え、最適なリフォームのみを行ないたいですよね。

このサイトでは、リフォームの例を年齢のライフステージごとにご紹介します。
どんなものがあるのか、ご参考にしていただけたら幸いです。